ブライダルローンのおすすめは?審査どう?

ブライダルローン審査に申し込む前に

ご結婚おめでとうございます。
しかし、今このサイトをご覧になっているということは、

 

  • 結婚式の費用(前払い)
  • 指輪
  • 新婚旅行
  • 新居への引っ越し
  • 家財道具の準備

 

など、
結婚に関するお金のことでお悩みでしょうか?

 

ブライダルローン審査は甘い?審査基準の解説【通らない理由】

 

実は、この問題は結婚するほとんどの人が感じているようです。

「親や親戚には迷惑をかけたくない」

「一回きりの結婚式の内容を妥協したくない」

「子供がお腹にいるから式は伸ばせない」

「払えなくはないけどギリギリすぎて不安」

そして、こんなときに役立つのがブライダルローンになります。
ただし、気を付けて選ばないと、せっかくの新婚生活が台無しになってしまいます。

 

 

 

ご結婚おめでとうございます!お急ぎの方にも対応のブライダルローン

お急ぎの方向け!審査早い。


借り入れ金額が大きい方向け


申し込みのしやすさで注目


ブライダルローンを利用しよう!金利は高い?【口コミ比較】

本サイトでは、「結婚は考えているけど貯金がなくて結婚式が挙げられない…」という方におすすめのブライダルローンについて、特徴や金利、ポイントなどをご紹介します。

 

結婚式費用など結婚関連にかかるお金は??

画像結婚は人生の一大イベントといえます。

 

厚生労働省が公表した2013年版の「厚生労働白書−若者の意識を探る−」によると、平均初婚年齢は男性が30.8歳、女性が29.2歳とのことです。

 

生涯未婚率(50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない人の割合)については、男性が約20%,女性が約11%となり、以前に比べて増加しているようですが、それでも多くの人が30歳前後で結婚していることが分かります。

 

そこで近々結婚される方や、まだ結婚は先だけどいつか結婚したいと考えている方にとって結婚式費用など結婚関連のお金はどのくらいかかるのか気になりますよね。

 

リクルートが発行している結婚情報誌「ゼクシィ」が発表した「結婚トレンド調査2013(首都圏版)」によると、結納・結婚・挙式から新婚旅行までにかかった結婚費用の平均は、約459万円とのことです。

 

内訳をみると、挙式、披露宴・披露パーティーに関する費用が最も高く、約351万円でした。

 

ただし、挙式、披露宴・披露パーティーでは、ご祝儀などをもらうことが一般的です。

 

結婚式で集まったご祝儀の平均は223万円となっていますので、パーティー代からの差額である351万円-223万円=128万円を負担することになります。

 

挙式、披露宴・披露パーティー以外については、平均費用が高かった順に、新婚旅行にかかる費用が旅行手土産代を含めて約73万円、婚約指輪代が約37万円、結婚指輪代(2人分)が約23万円、結納に関する費用が約17万円などとなっています。

 

結婚に必要なお金はどう準備するの?

結婚関連にどの程度お金をかけるかは、個人や地域によっても様々な考え方やしきたりがあると思われますが、上記でもお伝えしたように、かなりまとまったお金が必要になることがわかります。

 

しかも、30歳前後で結婚する人が多いことを考えると、若くして結婚に必要なお金を貯金などで準備することは、かなり大変だと思われます。もちろん、抑えるべきところは抑えなければいけませんが、”一生に一度の結婚”となるとなかなか妥協はできないものです。

 

前述の「結婚トレンド調査2013(首都圏版)」によると、結婚費用として貯金していた額は平均で約306万円とのことですが、貯蓄額が100万円以下の人が約8%、200万円以下の人が約33%となっています。

 

また、全体の約70%の人が親や親族などから援助を受けており、援助金の平均は約190万円でした。

 

結婚関連に必要な費用の平均と貯蓄額や援助金の平均を比較すると、貯金や親からの援助などで、結婚関連に必要な費用を賄えているようです。

 

しかし、貯蓄などの自己資金が少なく、親からの援助も受けられないといった方も多くいるでしょう。そのような場合には、金融機関のブライダルローンを利用して必要な資金を調達することも1つの方法となっています。

 

ブライダルローンを利用する前に!商品についての詳細はこちら

結婚関連で必要となる費用に対して金融機関を利用する場合、下記の2タイプのブライダルローンが考えられます。

 

ブライダルローン
使い道を結婚関連の費用に限定されているローンを、ブライダルローンといいます。ブライダルローンは目的ローンの一つですが、無担保ローンのタイプが多く、住宅ローンなどと違い、担保を拠出して抵当に入れる必要はありませんし、連帯保証人もいりません。

 

ただし、使い道が結婚式や披露宴、新婚旅行など、結婚に関連するものしか認められません。また、使い道を証明するための使途確認書類として、見積書や契約書などが必要となったり、融資先の口座が本人の口座ではなく、結婚式場を提供する会社や旅行会社になるケースもあります。

 

銀行で借りるブライダルローンは、カードローンに比べ金利が低く設定されているものが多く、支払う金利を低く抑えることができます。

 

カードローン・キャッシング
カードローンやキャッシングでは、融資された金額の使い道は問われません(厳密にいうと事業性資金以外となります)。

 

従って、消費者金融でも銀行系カードローンでも、カードローンから調達したお金を結婚関連の費用にあてることはなんら問題はありません。またカードローンやキャッシングでは、申込から資金を得るまでの時間が短く、最短の場合は即日で借入することも可能です。

 

ブライダルローンでお金を借りるメリット&デメリットは?

ブライダルローンでお金を借入するメリット&デメリットをまとめてみました。

 

【メリット】

 

●貯金など自己資金がなくても結婚式が挙げられる!
結婚費用が足らない…という理由で結婚式を挙げること自体あきらめていたカップルの皆さん、ブライダルローンを利用すれば自分たちの希望通りの豪華な結婚式だって挙げられます。一生に一度の結婚式なのに妥協なんてしたくない!という方にもおすすめです。

 

●経済的負担を軽減
貯金を全て結婚式費用などに使ってしまっては、これから始まる結婚生活も不安になるのではないでしょうか。いつまとまったお金が必要になるか分かりません。ブライダルローンなら返済も少しずつでいいので、経済的負担は軽くなるでしょう。

 

●両親や親戚に援助をお願いしなくて済む
両親や親戚からの資金援助が難しいところや、自分たちの力でどうにか結婚式を挙げたいという方は、ブライダルローンの利用をおすすめします。

 

●必要な金額だけ借入できる
結婚費用に必要なお金全て、または一部足りない分だけを金融会社から借入することもできます。

 

●金利が低い
返済時に大きな負担となってくるのが利息。消費者金融や銀行でローンに申し込む際は利息がとても重要になります。こちらで紹介しているブライダルローンは低金利で安心して利用することができますので、返済時の経済的負担を軽減することができます。

 

【デメリット】

 

▲新婚なのに借金があるというプレッシャー
ブライダルローンといえども借金です。結婚したばかりで借金を抱えてしまってはこれからの結婚生活が心配です。毎月の返済が負担にならないように気をつけましょう。

 

▲金利発生
お金を借りたら当然返済の義務が発生します。しかも金利付…。返済シミュレーションを使って返済計画をしっかり立ててから利用するようにしましょう。

 

▲ブライダルローン審査落ちすることも…
ローンは申し込みすれば誰もが利用できるとは限りません。まずはあなたの属性や個人信用情報がチェックされます。過去に金融事故を起していたり、収入が安定していなければ、審査に落とされる場合があります。

 

ブライダルローンを利用しよう!借入・返済方法は?【銀行口コミ比較】

ブライダルローンは、どのように借入や返済を行うのでしょうか?また、ブライダルローン一括返済やボーナス返済は可能なのでしょうか?

 

ブライダルローンの借り方とは?

画像ブライダルローンを取り扱っているのは大手都市銀行や地方銀行などの銀行系だけではありません。消費者金融や信販系の会社でも借りれます。

 

銀行などで取り扱っているブライダルローンは、一括で融資されます。

 

使い道が、結婚式・披露宴、新婚旅行など複数ある場合もありますが、基本的には、まとめて一回だけ融資を受けることになります。

 

融資先は、結婚式会場や旅行会社など、使い道の企業の口座に直接振り込まれる場合と、ローンを借りた本人の口座に振り込まれる場合があります。

 

申し込みの際は、結婚式場からの使途確認書類として見積書を持参しましょう。結婚式場の見積もり金額の範囲内で申し込み可能となっています。

 

他には消費者金融のカードローンを利用して、挙式などの費用に充てることもできます。

 

カードローンの場合には、一括で融資を受けるわけではありません。

 

カードローンの契約時に利用限度額が決定され、その融資限度額に達するまでは、必要に応じて何回でも融資を受けることができます。

 

融資を受ける方法は、ローンカードを使ってコンビニや銀行のATMから現金を引き出したり、自分名義の口座へ振込を行う方法があります。

 

カードローンを使って結婚費用の準備をする方が簡単で便利かもしれませんね。

 

ブライダルローンの一括返済は可能?返済方法は?

ブライダルローンを利用して結婚費用を準備するのはいいけど、返済のことを考えると不安…という方も多くいます。

 

◆金利はどれくらいかかるのか?
◆返済期間はどれくらいになるのか?
◆毎月の返済額はいくらなのか?

 

などなど。。。

 

銀行や信用金庫などのブライダルローンを返済する場合は、まず、その銀行や信用金庫に普通預金口座を用意する必要があります。

 

融資が実行された後、月々の返済を行うことになりますが、その口座へ毎月決まった返済額を入金しておきます。

 

指定日に返済額が口座から引き落とされ、その月の返済が完了という流れになっています。

 

消費者金融系カードローンを利用した場合には、一般的には3通りの返済方法があります。

 

まず、銀行などと同様に口座へ入金しておき、指定日に引き落とし決済する方法があります。また、ローンカードを利用してATMにて返済することもできます。

 

さらに、カードローン口座へ振り込むことにより返済する方法もあります。

 

わたしのおすすめ返済は一括返済です。

 

結婚式をすれば、招待した方からご祝儀がいただけます。そのご祝儀を返済に充てれば一括返済も可能ですし、万が一足らなくても一部入金しておけば、返済期間や返済総額も減り、グッと楽になりますからね。

 

これからの結婚生活を考えるなら、ローンなどは少しでもなくしておきたいものです。

 

 

ブライダルローンの審査は甘い?【他にローンがあっても大丈夫?】

ブライダルローンの審査について、他にローンを抱えている状態でも審査は大丈夫なのでしょうか?

 

多重債務とは?審査落ちする理由とは?

画像ブライダルローンを申し込む際、消費者金融でも銀行系でもローン審査を受けることになります。

 

ブライダルローン以外に車のローンやカードローンなど抱えていて返済中の場合、ローン審査に合格することはできるのでしょうか?

 

複数の会社からローンを抱えていることを多重債務状態と呼びます。

 

自己破産などに陥る人の多くは多重債務を抱えていますので、複数のローンを抱えてローン返済が破綻しないかが懸念されます。

 

申込の際は借入の情報が必要となり、他社から借入ている件数や借入額を申告しなけばいけません。

 

ローンを貸す側やローンの保証会社の立場にたてば、債務者が破産してしまえば、貸し倒れになるリスクが高くなるため、多重債務の人は審査に落ちる可能性があります。

 

ブライダルローンの場合は大丈夫なの?

ローンには、大きく分けて、使用目的がはっきりしているローンと、何にでも自由に使えるローンがあります。

 

使用目的がはっきりしているローンとは、住宅ローンやカーローンなどが代表的で使途確認書類が必要とされています。ブライダルローンも挙式などの結婚関連に使用するため、目的ローンに当てはまります。

 

目的ローンの場合には、資金が必要になる頻度が低く、慢性的な資金不足に陥るリスクは比較的低いと見られます。

 

一方、消費者金融のカードローンやキャッシングなどは、事業性資金意外であれば、自由に使うことができます

 

例えば、生活資金に充当することも可能です。その場合、慢性的な資金不足に陥る危険性があるため、貸し倒れになるリスクが高いと判断されます。

 

したがって、カードローンやキャッシングを抱えた状態ではブライダルローン審査落ちする可能性が高くなるといえます。これらのローン残高にもよりますが、完済した状態でブライダルローン審査に申し込むことをおすすめします。

 

ご結婚おめでとうございます!お急ぎの方にも対応のブライダルローン

お急ぎの方向け!審査早い。


借り入れ金額が大きい方向け


申し込みのしやすさで注目


ブライダルローン審査【Q&A】関連ページ

ブライダルローン銀行は融通がきかない?【銀行以外で借りるなら】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!銀行以外でブライダルローンを組むことはできるの?使い道に応じて、賢くブライダルローンを組む方法はこれ!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン審査の流れは?【他借入れあっても大丈夫?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダルローンの審査ってどう行われるの?ローン審査に合格するための基準&秘訣をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン審査にブラックリストは通らない?【信用情報とは】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ローン審査の最重要ポイントは何?ブラックリストに載ってしまったら?ローン審査の必勝法をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンはプロミスがおすすめ?【審査通りやすい?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダル資金を無利息で融資してくれるって本当?プロミスで、素早く資金を調達する方法をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン融資までにかかる時間は?【即日融資はムリ?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダルローンでは、お金を手にするまでこんなに時間がかかるの?素早くブライダルローンを組む方法はこれ!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン使用用途は自由?【新婚旅行には使えない?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!結納資金や新居費用に使うことができるって本当?結婚に必要な幅広い用途のブライダルローンを組む方法はこれ!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン返済期間で支払額違う?【返済シミュレーション】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ローン返済期間の違いで支払額がこんなに変わるの?シミュレーションで、あなたが支払う利息をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンはアコムがおすすめ?【無利息で借りる条件?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダル資金を金利ゼロで調達することができるの?まだ間に合う、賢いアコムのローン活用法をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン申し込み条件とは?【チェックされる項目とは?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!私はブライダルローンに申し込むことはできるの?年齢や年収、勤続状況、過去のローン返済状況などズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン審査厳しい?【もし審査に落ちてしまったら?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!もし、ローン審査に落ちてしまったらどうすればいいの?ローン審査に通りやすくする方法をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン支払い据え置きとは?【返済額が高くなる?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダルローンって支払いを据え置くことができるの?期間はどれくらい?あなたが支払う利息は?ズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンは繰り上げ返済可能?【どの程度お得になるの?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!繰り上げ返済で支払額がこんなに変わるの?いつどんな方法の繰り上げ返済すると得になるのか、ズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンの金利はどのくらい?【安く抑える方法はある?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ブライダルローンのローン金利ってどこが低いの?様々な機関が提供しているローン金利を、ズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンならモビットがおすすめ?【在籍確認がない?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ローン審査に落ちてしまった人でも大丈夫?周囲に知られることなく、モビットで素早く資金を調達する方法教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローン金利設定のおすすめは?【固定と変動の違い】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!固定金利型と変動金利型はどちらが得になるの?それぞれの金利タイプの特徴とおすすめ理由をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンを借り換えするメリットとは?【損はしない?】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!ローン借り換えで得になることも、損になることもある?シミュレーションで、あなたが支払う利息をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!
ブライダルローンは金利で全然違う?【返済シミュレーション結果】
ブライダルローンのお得な情報ならココ!金利の違いで支払額がこんなに変わるの?実際に則したシミュレーションで、あなたが支払う利息をズバリ教えます!結婚資金に悩んでいる人、必見です!