ブライダルローン審査通るには?

ブライダルローン審査に通りやすいのはどこ?

口コミイメージ

銀行のブライダルローンはリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

 

使途を結婚に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

 

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使途が自由なフリーローンとなっています。

 

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後と格段に低くなっています。

 

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

 

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

 

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

 

ブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や新婚旅行で利用する旅行会社、新居を仲介してくれる不動産屋さんの請求書や見積書も必要です。

 

すでに支払いを済ませてしまっている場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

 

ブライダルローンを利用して代金を支払った式場代などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することが求められています。

 

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

 

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

 

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

 

もし、ブライダルローンの借入が御祝儀で賄えるのであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

 

ご祝儀では一括返済に足りない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

 

結婚資金と言うと挙式や披露宴など100万円単位の大金が必要になってきます。

 

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですから式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

 

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

 

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

 

本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

 

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

 

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで通常のカードローンよりも低金利でお金を借りられます。

 

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

 

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

 

消費者金融カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間がありますからご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

 

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

 

ブライダルローンを借りるにあたって、返済方法をどうするかと悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにして返済プランを組んではいけません。

 

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度は赤字になってしまうそうです。

 

招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

 

頑張って100人を招待できればギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

 

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

 

残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

 

ブライダルローンもカードローンもお金を借りるという意味では同じ商品ですから審査に通らなければいけません。

 

ブライダルローンは低金利で高額の融資になりますからカードローンよりも格段に審査は厳しくなります。

 

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

 

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数の金融機関から借金をしている人は要注意です。

 

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが信用情報が一切ないということは、信用度の判断もできないということになるため、審査に通らない可能性があります。

 

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

 

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

 

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンは3.0%から18.0%と高金利に設定されています。

 

申込手続きや審査に関してもブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

 

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。