ブライダルローンのおすすめは?審査どう?

ブライダルローン審査に申し込む前に

「貯金はないけど結婚式挙げたい!」「一生に一度の結婚式だから妥協したくない!」「審査に通るか不安…」という方へ、PCやスマホを使って申し込み〜契約までWEB完結可能な住信SBIネット銀行をおすすめします。住信SBIネット銀行なら利用限度額が最高1,200万円と高額融資も可能となっているため、結婚資金や新婚旅行にかかる費用、新居にかかる費用などに充てることができます。また、口座なしでのお申し込みできますので、急ぎでお金を準備したい方も安心して申込みできるおすすめのカードローンとなっています。

お急ぎの方はこちら>>住信SBIネット銀行公式へ

 

画像

 

ご結婚おめでとうございます。
しかし、今このサイトをご覧になっているということは、

 

  • 結婚式の費用(前払い)
  • 指輪
  • 新婚旅行
  • 新居への引っ越し
  • 家財道具の準備

 

など、
結婚に関するお金のことでお悩みでしょうか?

 

ブライダルローン審査は甘い?審査基準の解説【通らない理由】

 

実は、この問題は結婚するほとんどの人が感じているようです。

「親や親戚には迷惑をかけたくない」

「一回きりの結婚式の内容を妥協したくない」

「子供がお腹にいるから式は伸ばせない」

「払えなくはないけどギリギリすぎて不安」

そして、こんなときに役立つのがブライダルローンになります。
ただし、気を付けて選ばないと、せっかくの新婚生活が台無しになってしまいます。

 

 

 

 

ご結婚おめでとうございます!お急ぎの方にも対応のブライダルローン

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像

 

ブライダルローン審査はどう?【本音口コミ】

プロミスのブライダルローンを選びました。プロミスは最初の30日間が利息無料ということで借り入れを一度にしてご祝儀で返金してローンを完済するという計画を立てました。審査はプロミスのホームページから電話連絡をして必要書類やデータを入力してからの流れでした。当日には審査結果が出て無事に審査に通りました。そして借り入れも近くのプロミスの店舗に行き、契約ルームと呼ばれる個室に入ってカードローンのカードを受け取ってプロミス店内のATMで支払いを受けて利用が出来ました。審査から借り入れまでが早くわずか2日で借り入れが出来たので結婚資金をどうしようか悩んでいたのがとても助かりました。今はしっかり完済して終了しました。

【33歳 介護士 男性 プロミス】

数年前に結婚をすることになり、妻がきちんと結婚式と披露宴をやりたいと希望したため、金融機関からブライダルローンを利用することにしました。私には貯蓄する習慣がなかったため、借金をする必要があったのです。ブライダルローンを借りるにあたっては、できるだけ低い金利でお金を貸してくれる銀行を探しました。インターネットで探したところ、千葉銀行のホームページでブライダルローンの金利が5.2%と記載されていましたので、千葉銀行に借り入れを申し込むことに決めました。千葉銀行に問い合わせてみると、無担保融資で5.2%とのことでしたし、結婚式や披露宴の費用以外に、新婚旅行の費用も含めて申し込むことができるとの説明でしたので、利便性の高いローン商品だと思いました。私は借金癖があり、これまで何度も他の金融機関からキャッシングなどで借金をした経験がありますが、すぐに完済できているため、ブライダルローンの審査も1週間程度で通過することができました。年収が600万円ありましたので、200万円のブライダルローンの返済に耐えられる年収と判断されたようです。実際にお金を借りてみて、毎月の返済額は約21000円で済みましたので、返済の負担感は軽くとても助かりました。

【38歳 会社員 男性 千葉銀行】

ブライダルローンを申し込んだ理由は、人生に1度しかない結婚式に妥協をしたくなかったからです。自分が今までしていた貯金とブライダルローンを合わせて結婚式を挙げようと思い、申し込んだのですが、審査で落ちてしまいました。ブライダルローンを申し込んだ知り合いから「審査が厳しい」と聞いていたのですが、遅滞や滞納など今までしたことがなく、その時はなぜ落ちたかははっきりとわからなかったです。今考えてみると「車のローンが残っていたから」かなと思っています。新車で買ったばっかりだったので、ローンの残高も結構残っていたので、それが原因で落ちたのだと思っています。ブライダルローンが借りれなかったので、親に借金して自分が満足する結婚式を挙げました。

【33歳 運送業 男性 ゆうちょ銀行】

学生時代からの同級生である彼と結婚が決まり、結婚式費用を見積もってもらった結果300万ほどになりました。親と相談したところ100万は出してもらえることになり、残りの200万はブライダルローンを利用したかったのですが、残念ながら審査落ちでした。でも私たちはまだ働いて3〜4年目の社会人としては新米だったので落ちたとわかったときは仕方ないかなという気持ちになりました。大学を卒業して就職した際すぐに車も買ったため、お互いそちらのローンも残っていました。正直ご祝儀から短期間で返せるものだと思っていたので、カーローンよりも審査に通りにくかったのは意外でした。ただその後は諦めるよりもう少し金額を抑えて仮審査に出した方がいいかもと話し合いました。

【26歳 事務 女性 三菱東京UFJカードローン】

 

 

ブライダルローンの審査に関するQ&A

ブライダルローンの審査基準って厳しいですか?

ブライダルローンと聞くと、なんだか審査が厳しそうなイメージもありますよね。詳しい審査の内容は分かりませんが、口コミで検証してみると、やはり少し厳しかったという声が多く聞かれます。結婚式後は家具の購入や引越し、出産など様々な場面で大きなお金が必要となります。そこで支払いが追いつかなくなり、ブライダルローンの返済が滞ってしまうというのは結構あるんです。そうならないためにも、審査は厳しく行われるのかもしれませんね。審査に落ちる原因としては年収が低い、勤務年数が短いなど、理由はいくつか考えられます。そこで”ブライダルローン”の代わりに使用目的の問われない”カードローン”を利用する人が多くいます。カードローンはブライダルローンと比較すると審査も緩いようですし、即日融資も可能ということで大変便利です。カードローンの最大の特徴として用途が限定されていないことから、結婚生活を送っていく中で必要なあらゆる出費にも対応できます。これから先のことも考えて利用するならカードローンの方がおすすめですよ。

 

ブライダルローンを即日で借りることは可能ですか?

結婚式の費用が思った以上にかかって、急ぎでお金を準備したいという方もいるでしょう。ブライダルローンでお金を借りるために式場の見積もり書などを提出しなければいけませんので、即日で借入することは難しいかもしれません。もし急ぎでお金が必要という方には、即日で借入可能なカードローンを利用する方がいいかもしれません。ブライダルローンに比べると、比較的スムーズな借入ができるでしょう。ブライダルローンは金利が安く設定されているため、支払額を少しでも少なくしたい方にはおすすめですが、利便性がよく、スピーディーな融資を希望される方にはカードローンをおすすめします。

 

ブライダルローンの申込みに持って行かなければならない必要な書類はなんですか?

申込みする金融機関で多少違うかもしれませんが、
・本人確認書類(免許証・パスポート・健康保険証など)
・収入証明書(源泉徴収票・給与明細書など)
・資金用途確認書類(結婚式の見積書・請求書など)
の3点が必要となるでしょう。銀行で申込みする場合は、返済口座としてそこの銀行口座がなければブライダルローンを利用できない場合もありますので、必要書類などは事前に確認しておくようにしましょう。

 

ブライダルローンは在籍確認ありますか?お金借りてまで結婚式するなんて会社に絶対バレたくないんですが、大丈夫でしょうか?

はい、在籍確認は申込み書に記入された勤務先に本当に働いているかの確認ですので、どこの金融会社でもほぼ行われると思っていて下さい。ですが、在籍確認の電話は金融会社の社名は一切出さず、担当者個人の名前で行われます。また、「ただいま外出しております」など本人が不在でも働いている確認が取れればOKとなりますので、特に心配する必要はないでしょう。ただ、部署が違っていたりすると在籍確認が取れない場合があり、これは審査落ちの原因となってしまいますので、くれぐれも所在の確認ができないということは避けましょう。どうしてもバレそうで不安だという方は事前に、「クレジットカードの申込みをしたから在籍確認の電話がかかるかもしれない」と伝えておきましょう。そうすれば、よほどのことがない限り、ブライダルローンの在籍確認だと疑われることはないですよ。

 

ブライダルローンを利用しよう!金利は高い?【口コミ比較】

本サイトでは、「結婚は考えているけど貯金がなくて結婚式が挙げられない…」という方におすすめのブライダルローンについて、特徴や金利、ポイントなどをご紹介します。

 

結婚式費用など結婚関連にかかるお金は??

画像

 

結婚は人生の一大イベントといえます。

 

厚生労働省が公表した2013年版の「厚生労働白書−若者の意識を探る−」によると、平均初婚年齢は男性が30.8歳、女性が29.2歳とのことです。

 

生涯未婚率(50歳になった時点で一度も結婚をしたことがない人の割合)については、男性が約20%,女性が約11%となり、以前に比べて増加しているようですが、それでも多くの人が30歳前後で結婚していることが分かります。

 

そこで近々結婚される方や、まだ結婚は先だけどいつか結婚したいと考えている方にとって結婚式費用など結婚関連のお金はどのくらいかかるのか気になりますよね。

 

リクルートが発行している結婚情報誌「ゼクシィ」が発表した「結婚トレンド調査2013(首都圏版)」によると、結納・結婚・挙式から新婚旅行までにかかった結婚費用の平均は、約459万円とのことです。

 

内訳をみると、挙式、披露宴・披露パーティーに関する費用が最も高く、約351万円でした。

 

ただし、挙式、披露宴・披露パーティーでは、ご祝儀などをもらうことが一般的です。

 

結婚式で集まったご祝儀の平均は223万円となっていますので、パーティー代からの差額である351万円-223万円=128万円を負担することになります。

 

挙式、披露宴・披露パーティー以外については、平均費用が高かった順に、新婚旅行にかかる費用が旅行手土産代を含めて約73万円、婚約指輪代が約37万円、結婚指輪代(2人分)が約23万円、結納に関する費用が約17万円などとなっています。

 

結婚に必要なお金はどう準備するの?

結婚関連にどの程度お金をかけるかは、個人や地域によっても様々な考え方やしきたりがあると思われますが、上記でもお伝えしたように、かなりまとまったお金が必要になることがわかります。

 

しかも、30歳前後で結婚する人が多いことを考えると、若くして結婚に必要なお金を貯金などで準備することは、かなり大変だと思われます。もちろん、抑えるべきところは抑えなければいけませんが、”一生に一度の結婚”となるとなかなか妥協はできないものです。

 

前述の「結婚トレンド調査2013(首都圏版)」によると、結婚費用として貯金していた額は平均で約306万円とのことですが、貯蓄額が100万円以下の人が約8%、200万円以下の人が約33%となっています。

 

また、全体の約70%の人が親や親族などから援助を受けており、援助金の平均は約190万円でした。

 

結婚関連に必要な費用の平均と貯蓄額や援助金の平均を比較すると、貯金や親からの援助などで、結婚関連に必要な費用を賄えているようです。

 

しかし、貯蓄などの自己資金が少なく、親からの援助も受けられないといった方も多くいるでしょう。そのような場合には、金融機関のブライダルローンを利用して必要な資金を調達することも1つの方法となっています。

 

 

ブライダルローンを利用する前に!商品についての詳細はこちら

結婚関連で必要となる費用に対して金融機関を利用する場合、下記の2タイプのブライダルローンが考えられます。

 

ブライダルローン
使い道を結婚関連の費用に限定されているローンを、ブライダルローンといいます。ブライダルローンは目的ローンの一つですが、無担保ローンのタイプが多く、住宅ローンなどと違い、担保を拠出して抵当に入れる必要はありませんし、連帯保証人もいりません。

 

ただし、使い道が結婚式や披露宴、新婚旅行など、結婚に関連するものしか認められません。また、使い道を証明するための使途確認書類として、見積書や契約書などが必要となったり、融資先の口座が本人の口座ではなく、結婚式場を提供する会社や旅行会社になるケースもあります。

 

銀行で借りるブライダルローンは、カードローンに比べ金利が低く設定されているものが多く、支払う金利を低く抑えることができます。

カードローン・キャッシング
カードローンやキャッシングでは、融資された金額の使い道は問われません(厳密にいうと事業性資金以外となります)。

 

従って、消費者金融でも銀行系カードローンでも、カードローンから調達したお金を結婚関連の費用にあてることはなんら問題はありません。またカードローンやキャッシングでは、申込から資金を得るまでの時間が短く、最短の場合は即日で借入することも可能です。

 

ブライダルローンでお金を借りるメリット&デメリットは?

ブライダルローンでお金を借入するメリット&デメリットをまとめてみました。

 

【メリット】

 

●貯金など自己資金がなくても結婚式が挙げられる!
結婚費用が足らない…という理由で結婚式を挙げること自体あきらめていたカップルの皆さん、ブライダルローンを利用すれば自分たちの希望通りの豪華な結婚式だって挙げられます。一生に一度の結婚式なのに妥協なんてしたくない!という方にもおすすめです。

 

●経済的負担を軽減
貯金を全て結婚式費用などに使ってしまっては、これから始まる結婚生活も不安になるのではないでしょうか。いつまとまったお金が必要になるか分かりません。ブライダルローンなら返済も少しずつでいいので、経済的負担は軽くなるでしょう。

 

●両親や親戚に援助をお願いしなくて済む
両親や親戚からの資金援助が難しいところや、自分たちの力でどうにか結婚式を挙げたいという方は、ブライダルローンの利用をおすすめします。

 

●必要な金額だけ借入できる
結婚費用に必要なお金全て、または一部足りない分だけを金融会社から借入することもできます。

 

●金利が低い
返済時に大きな負担となってくるのが利息。消費者金融や銀行でローンに申し込む際は利息がとても重要になります。ブライダルローンは低金利で安心して利用することができますので、返済時の経済的負担を軽減することができます。

 

【デメリット】

 

▲新婚なのに借金があるというプレッシャー
ブライダルローンといえども借金です。結婚したばかりで借金を抱えてしまってはこれからの結婚生活が心配です。毎月の返済が負担にならないように気をつけましょう。

 

▲金利発生
お金を借りたら当然返済の義務が発生します。しかも金利付…。返済シミュレーションを使って返済計画をしっかり立ててから利用するようにしましょう。

 

▲ブライダルローン審査落ちすることも…
ローンは申し込みすれば誰もが利用できるとは限りません。まずはあなたの属性や個人信用情報がチェックされます。過去に金融事故を起していたり、収入が安定していなければ、審査に落とされる場合があります。

 

 

ブライダルローンの借り方は?【注意点は何?】

画像

 

ブライダルローンという名称で取り扱っている金融機関は少なく、上記でもお伝えしたように多目的ローンやフリーローンとして取り扱っている場合がほとんどです。

 

ブライダルローンをこの多目的ローンで準備するのか、使用目的が決められていないカードローンで準備するかはあなたに合った方を選ぶようにして下さいね。

 

今回は比較的利用しやすいと評判で人気のみずほ銀行カードローンの申込み方法について紹介しますね。

 

みずほ銀行カードローンの申込み方法は4つ。

 

  1. パソコン・スマホからの申込み
  2. 郵送での申込み
  3. 電話での申込み
  4. 窓口での申込み

 

中でもおすすめの申込み方法は、インターネットからの申込みです。こちらであれば24時間365日受付中ですので、忙しくてなかなか申込みに行けない方も早速パソコンやスマホから申込みしてみましょう。

 

【ネット申込みの流れ】

 

手順@ インターネットで申込み

手順A 申込み内容に基づき審査

手順B 審査連絡を受けて通過すれば契約(※口座がない人は口座開設)

手順C 振込融資で借入

 

という流れになります。

 

注意点は?

みずほ銀行カードローンを利用する場合、みずほ銀行の口座を持っていなくても申込みは可能ですが、融資を受けることはできません。

 

口座がない場合、融資までに1ヶ月かかることもあります。審査に通っているのに借りられないのはとても不便ですよね。

 

素早い融資を受けるためにも、みずほ銀行カードローンへの申込み予定がある場合には、あらかじめ口座を開設しておくことをおすすめします。

 

 

ブライダルローンを利用しよう!借入・返済方法は?【銀行口コミ比較】

ブライダルローンは、どのように借入や返済を行うのでしょうか?また、ブライダルローン一括返済やボーナス返済は可能なのでしょうか?

 

ブライダルローンの借り方とは?

画像

 

ブライダルローンを取り扱っているのは大手都市銀行や地方銀行などの銀行系だけではありません。消費者金融や信販系の会社でも借りれます。

 

銀行などで取り扱っているブライダルローンは、一括で融資されます。

 

使い道が、結婚式・披露宴、新婚旅行など複数ある場合もありますが、基本的には、まとめて一回だけ融資を受けることになります。

 

融資先は、結婚式会場や旅行会社など、使い道の企業の口座に直接振り込まれる場合と、ローンを借りた本人の口座に振り込まれる場合があります。

 

申し込みの際は、結婚式場からの使途確認書類として見積書を持参しましょう。結婚式場の見積もり金額の範囲内で申し込み可能となっています。

 

他には消費者金融のカードローンを利用して、挙式などの費用に充てることもできます。

 

カードローンの場合には、一括で融資を受けるわけではありません。

 

カードローンの契約時に利用限度額が決定され、その融資限度額に達するまでは、必要に応じて何回でも融資を受けることができます。

 

融資を受ける方法は、ローンカードを使ってコンビニや銀行のATMから現金を引き出したり、自分名義の口座へ振込を行う方法があります。

 

カードローンを使って結婚費用の準備をする方が簡単で便利かもしれませんね。

 

ブライダルローンの一括返済は可能?返済方法は?

ブライダルローンを利用して結婚費用を準備するのはいいけど、返済のことを考えると不安…という方も多くいます。

 

◆金利はどれくらいかかるのか?
◆返済期間はどれくらいになるのか?
◆毎月の返済額はいくらなのか?

 

などなど。。。

 

銀行や信用金庫などのブライダルローンを返済する場合は、まず、その銀行や信用金庫に普通預金口座を用意する必要があります。

 

融資が実行された後、月々の返済を行うことになりますが、その口座へ毎月決まった返済額を入金しておきます。

 

指定日に返済額が口座から引き落とされ、その月の返済が完了という流れになっています。

 

消費者金融系カードローンを利用した場合には、一般的には3通りの返済方法があります。

 

まず、銀行などと同様に口座へ入金しておき、指定日に引き落とし決済する方法があります。また、ローンカードを利用してATMにて返済することもできます。

 

さらに、カードローン口座へ振り込むことにより返済する方法もあります。

 

わたしのおすすめ返済は一括返済です。

 

結婚式をすれば、招待した方からご祝儀がいただけます。そのご祝儀を返済に充てれば一括返済も可能ですし、万が一足らなくても一部入金しておけば、返済期間や返済総額も減り、グッと楽になりますからね。

 

これからの結婚生活を考えるなら、ローンなどは少しでもなくしておきたいものです。

 

 

ブライダルローンの審査は甘い?【他にローンがあっても大丈夫?】

ブライダルローンの審査について、他にローンを抱えている状態でも審査は大丈夫なのでしょうか?

 

多重債務とは?審査落ちする理由とは?

画像

 

ブライダルローンを申し込む際、消費者金融でも銀行系でもローン審査を受けることになります。

 

ブライダルローン以外に車のローンやカードローンなど抱えていて返済中の場合、ローン審査に合格することはできるのでしょうか?

 

複数の会社からローンを抱えていることを多重債務状態と呼びます。

 

自己破産などに陥る人の多くは多重債務を抱えていますので、複数のローンを抱えてローン返済が破綻しないかが懸念されます。

 

申込の際は借入の情報が必要となり、他社から借入ている件数や借入額を申告しなけばいけません。

 

ローンを貸す側やローンの保証会社の立場にたてば、債務者が破産してしまえば、貸し倒れになるリスクが高くなるため、多重債務の人は審査に落ちる可能性があります。

 

ブライダルローンの場合は大丈夫なの?

ローンには、大きく分けて、使用目的がはっきりしているローンと、何にでも自由に使えるローンがあります。

 

使用目的がはっきりしているローンとは、住宅ローンやカーローンなどが代表的で使途確認書類が必要とされています。ブライダルローンも挙式などの結婚関連に使用するため、目的ローンに当てはまります。

 

目的ローンの場合には、資金が必要になる頻度が低く、慢性的な資金不足に陥るリスクは比較的低いと見られます。

 

一方、消費者金融のカードローンやキャッシングなどは、事業性資金意外であれば、自由に使うことができます

 

例えば、生活資金に充当することも可能です。その場合、慢性的な資金不足に陥る危険性があるため、貸し倒れになるリスクが高いと判断されます。

 

したがって、カードローンやキャッシングを抱えた状態ではブライダルローン審査落ちする可能性が高くなるといえます。これらのローン残高にもよりますが、完済した状態でブライダルローン審査に申し込むことをおすすめします。

 

 

ご結婚おめでとうございます!お急ぎの方にも対応のブライダルローン

イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像
イメージ画像